知っておかなきゃ!お肌に必須の栄養素

育児中は特に肌トラブルが起きやすいですね。そのためにオールインワンゲルを使ったり、紫外線から肌を守ったりします。

さらに、「お肌に栄養を与える」というのも重要ですね。どれだけオールインワンゲルを使ったり、例えば高価な美容化粧品を使ったりしても、必要な栄養素が足りなければ効果を発揮しません。せっかくの頑張りが無駄になってしまいます。

というわけで、栄養素を上手に取りましょう。

ビタミンやミネラル

ご存知の通り、お肌は常に生まれ変わっています。つまり新陳代謝ですね。新陳代謝の働きが鈍るということは、お肌の細胞が新しく作られないということですから、古くて不健康な肌になってしまいます。その新陳代謝を促進するのが、ビタミンやミネラルです。

お肌に良いミネラルは以下のようなものです。

  • 亜鉛 ~ 牡蠣、ゴマなど
  • マグネシウム ~ 大豆製品、貝類など
  • 鉄 ~ レバー、パセリなど

また、ビタミンは以下のようなものです。

  • ビタミンA ~ レバー、ニンジンなど
  • ビタミンC ~ 柑橘類、パセリなど
  • ビタミンE ~ 魚卵、モロヘイヤなど

たんぱく質や脂質

ビタミンやミネラルが必要なのは周知の事実です。でも、それだけでは足りません。というのもお肌の材料となるのはたんぱく質や脂質だからです。これがないと、新しい肌が作られません。

では、ヘルシーに大豆などで植物性たんぱく質を多く取って・・・と考える方も多いようです。もちろん悪いことはありませんが、それも「お肌のためのたんぱく質」と考えると不足気味です。

お肌のためには、動物性の脂質、特に青魚がオススメです。DHAやEPAも含まれていますし、健康や美容にとても良いことが有名です。

お肉を食べるなら、豚肉がオススメです。ビタミンAなども豊富に含んでいます。

その他

上記のような栄養素のほかにもお肌の味方になってくれるものがあります。ここでは、イソフラボンやピクノジェノールを挙げておきたいと思います。

イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすると言われています。いわゆる「エストロゲン」(卵胞ホルモン)の働きですが、女性らしい体や若々しさへの効果が期待できます。

ピクノジェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングに役立つといわれます。血流を改善したり、肌荒れを改善したりなど、お肌の味方になってくれます。

最後にもっとも重要なことを一つ。

栄養素はどれも偏ってはいけません。バランスよく摂ることが最重要です。食事の際には脂質やカロリーの摂りすぎに少しだけ注意をしつつ、できるだけ多くの食品を食べるようにしましょう。