絶対外してはいけない!オールインワンゲルの効果的な使い方

時短スキンケアにとっても便利なオールインワンゲル。

でも、上手に使うとさらに効果的です。

そんな使い方を伝授いたします。

オールインワンゲルはどのくらい使えばいい?

オールインワンゲルに限らず、化粧水・乳液などの基礎化粧品を使う場合、慣れるまで困るのが使用量だと思います。どのくらいつけていいものか、最初は迷いますよね。

まず最初は、その化粧品のパッケージや取扱説明書などに書いてあるものを基本にしましょう。でも「少量」「適量」と書いてある場合もありますよね。その場合私は「10円玉くらいの大きさ」を目安にしています。

あまり少なすぎても効果が出ないものです。節約して少なめに、と考える方にも会ったことがありますが、効果が出ないと無駄になってしまいます。大体でいいので「10円玉くらいの大きさ」にしてみてはいかがでしょうか?

そして、何日か使っていくと、上手に付けられている場合にはお肌の変化を感じることができると思います。あまり感じられなければ、少し量を増やしてみましょう。さらにまた何日か使ってみて少しずつ調整していきます。

ただ、1つ注意点もあります。付けすぎると逆効果になってしまいます。

オールインワンゲルは、化粧水・乳液などの基礎化粧品類が肌に良い効果をもたらすためにバランスを考えられて配合され作られています。とは言え、肌にとっては異物とも言えなくもありません。ちょうど良い量をつけるのがとても重要です。

オールインワンゲルの前の下準備は?

育児・子育て中だと、なかなか時間が取れません。だからオールインワンゲルを使うわけですが、そんなオールインワンゲルを使う場合でも下準備をするとさらに効果的です。

その下準備とは「洗顔」です。

オールインワンゲルを塗る前に、洗顔をして埃や皮脂の老廃物などの汚れなどを取るべきだと考えられます。というのは、そうしないとオールインワンゲルによってその汚れが閉じ込められてしまいます。それによって肌への負担となってしまいます。せっかくのオールインワンゲルが台無しですね。

洗顔の仕方については、よく話を聞くことですが、よく泡立てて円を描くように優しく・・・というのが理想です。でも育児中はそれを特別にやっている時間はありません。

できるときはもちろんそれをすべきです。ただ時間がないので、お風呂の時にできるだけ理想に近い方法で洗顔をしましょう。そしてお風呂から上がったらすぐサラサラっとオールインワンゲルを塗ります。そうすることでより効果的になります。