出産後に起こりやすい肌トラブルの4つの原因

長い長い妊娠期間を経て出産、そして育児が始まります。そんなママさんが遭遇するのが肌トラブル。「前から使っていた化粧品で肌が荒れた」「ハリがなくなり、シミや黒ずみが増えた」などなど、たくさんの肌トラブルが起こります。

ではなぜ肌トラブルは起こってしまうのでしょうか?

それを説明します。

1)出産による疲労

出産直後のママは体力を使い切って動けないくらいにクタクタ。それを回復するのにもかなりの時間がかかります。そして産後6~8週目、いわゆる「産褥期」に徐々に体が元に戻っていきます。体の不調や痛みなどとの戦いの時期でもあります。

2)女性ホルモンの減少

出産をすることによって胎盤が排出されますが、胎盤というのは女性ホルモンを大量に分泌します。その女性ホルモンが急激に減少してしまうわけです。それによって、肌トラブルも起きやすくなります。さらには体の具合が悪くなる、なんていうことも。

3)生活習慣の悪化

育児によるストレス、睡眠不足なども肌トラブルの原因になりますね。生活習慣が乱れてしまうわけですから、当然です。でも産まれたばかりの赤ちゃんは夜に泣くもの。昼間も目を離すことができません。その間は我慢するしかないですね。

4)スキンケア不足

育児中は子供からずっと目を離せないわけで、時間がありません。当然ママさん自身のスキンケアもなかなか難しくなります。スキンケアができなければ、肌トラブルになるのは当然ですね。

受け入れることも必要。ですが・・・

このように、いくつもの理由(しかも対処が難しいものばかり)によって、肌トラブルが起こってしまいます。多少は受け入れる必要もあるのかもしれません。でも、そこは一人の女性として、どうにかして肌荒れなどの肌トラブルを解決したいですよね。